AGAクリニックの選び方のポイントと注意点を徹底解説!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。


薄毛に悩むの人の中には、適切な治療法やクリニックの選び方について迷っている方も多いのではないでしょうか。

AGA治療を検討する際に、どのようなクリニックを選べばよいのか、対面診察とオンライン診察の違いは何か、といった疑問が浮かび上がります。

この記事では、AGA治療を考える際の重要なポイントとして、クリニックの選び方に焦点を当てて解説します。

対面診察とオンライン診察のそれぞれのメリットやデメリットを解説し、その他、自身の状況に合った最適なクリニックを見つける手助けをします。

薄毛40代パパ

クリニックを選ぶ判断基準がわかります。

\この記事はこんな人にオススメ/

  • AGAクリニックを選ぶための判断基準がわからない人
  • 自分のニーズがわからずクリニック選びに苦労している人
  • AGAクリニックで行われる診察や処置が明確になっていない人

<参考にしている資料>

目次

AGAクリックを選ぶ前にAGAとは何かおさらい

AGAとは、遺伝的な要因と男性ホルモンの影響によって引き起こされる進行性の男性型脱毛症の一種です。

この症状は、頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなり、最終的には完全に抜け落ちることがあります。

AGAとは進行性の男性型脱毛症のことで病気

AGAは、男性に見られる進行性の脱毛症であり、遺伝的要因と男性ホルモンの影響によって引き起こされます。

日本皮膚科学会  男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版 によれば、男性ホルモンであるテストステロンが「5α-還元酵素」によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、毛髪を作り出す毛乳頭細胞に存在する受容体(レセプター)と結びつき、発毛・育毛に関わる正常なサイクルを狂わせてしまいます。これが、AGAの原因の一つとされています。

さらに、遺伝的な傾向もAGAの発症に関与すると考えられており、家族歴にAGAの人がいる場合、リスクが高いとされています。

 男性型脱毛症(male pattern hair loss,androgeneticalopecia)は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症である.脱毛は生理的な現象ではあるが,外見上の印象を大きく左右するので QOL(Quality of life)に与える影響は大きい.近年,男性型脱毛症の病態解明が進むとともに有効な外用,内服の治療薬が開発され,皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた.しかし,それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない民間療法が社会的に横行し,無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくなかった.

引用元:日本皮膚科学会  男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

「AGAクリニックの選び方」の重要性について

AGA治療を検討する際に、適切なAGAクリニックを選ぶ重要性は言うまでもありません。クリニックの選択は治療の満足度に大きな影響を与えるため、慎重に検討する必要があります。

適切なクリニックの選択は、治療の効果や安全性、満足度に直結します。

信頼できるクリニックは、経験豊富な医師や専門家による診断と治療を提供し、最新の技術や治療方法を用いて患者のニーズに応えます。

多くの患者が適切なAGAクリニックを選ぶことで、治療の効果を実感しています。

適切なクリニックで受けた治療により、薄毛や脱毛症の進行が抑制され、自信を取り戻したり、外見や心理的な側面での改善を実感しています。

薄毛40代パパ

このサイトでは、AGA治療の経口薬について深堀していきます。

※頭皮への薬剤投与(注射)や植毛、サプリなどの情報は掲載されていません。

AGA治療の方法は大きく分けて3つ

スクロールできます
治 療 区 分治 療 方 法効 果/説 明
薄毛治療AGA治療抜け毛防止
(守りの処方薬)
フィナステリド・5α−還元酵素II型阻害薬
・男性における男性型脱毛症の進行遅延
デュタステリド・5α還元酵素1型/2型阻害薬
・男性における男性型脱毛症の進行遅延
発毛促進
(攻めの処方薬)
ミノキシジル内服薬・発毛因子が毛母細胞を刺激することで髪の毛を育成
日本の未承認薬
注入治療直接頭皮に注射をする治療・ミノキシジルを直接頭皮に注射する
・費用は、約20,000円〜100,000円
植毛自毛植毛・人口植毛・後頭部の髪の毛を薄毛になった部分に移植
・費用は、約500,000円~1,000,000円
薄毛40代パパ

この記事では、上の表の「AGA治療」という治療区分について説明しています。

下の記事では、治療薬について詳細に伝えています。

AGA治療(内服薬や外用薬を使用した治療)

AGA治療とは、薬を服用してAGA(男性型脱毛症)の抜け毛を予防したり、発毛を促進したりする治療です。AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制し、毛包を活性化させます。

AGA治療には経口薬の「抜け毛防止(守りの処方薬)」と「発毛促進(攻めの処方薬)」の2種類があります。その他、「発毛促進(攻めの処方薬)」は頭皮に塗る外用薬もあります。

国内未承認のミノキシジル内服薬「発毛促進(攻めの処方薬)」は医師が品質、有効性、安全性が確認されたものではないことを患者に説明するとともに、副作用による健康被害の発生の有無を随時確認するなど慎重に実施する必要があることを伝えた場合に限り利用することができます。この場合、違法ではありません。

多くのAGAクリニックでは、ミノキシジル内服薬の処方を行っています。

資料:「厚生労働省事務連絡」

注入治療

上記で説明した経口薬や外用薬(塗り薬)とは違い、直接頭皮に注射をする治療法があります。

「発毛促進(攻めの処方薬)」のミノキシジルを直接頭皮に注射する治療方法です。

注射1回にかかる費用は、クリニックによって違いますが、約20,000円〜100,000円です。

植毛

植毛とは、自分の正常な髪の毛を薄毛が気になる部分に移植する方法です。

後頭部の髪の毛を薄毛になった部分に移植します。後頭部の髪は薄毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくいため、移植した部分でも後頭部と同じように成長する特徴があります。

植毛にかかる費用は、クリニックや施術方法によりさまざまですが、約500,000円~1,000,000円です。

薄毛40代パパ

注射や植毛はコストが高いので、今の自分のお小遣いでは無理です。

AGAクリニックの選び方は、まず3つに絞ろう

正直、AGAクリニックと言っても数が多すぎて選べないです・・・

薄毛40代パパ

私も同じように迷っていました。クリニックの治療薬はほとんど一緒で何を基準に選んで良いかわかりません。

そこで私が考えた手法は以下です。

手軽軸」「商品軸」「密着軸大きく分けて3つのカテゴリーで、自分にあったクリニックを選ぶと良いでしょう。

この手法はマーケティング(お客様にモノを売るとき)の戦略の1つで、競合他社と同じような商品を売るため、どのように差別化するかするか。というもの。

※参考資料:誰でも「売れる人」になる マーケティング入門 ”ドリルを売るなら穴を売れ” 青春出版社

手軽軸

手軽軸では、ある程度の品質のものを安く、便利に提供する。

「早い、安い、便利!」

商品軸

商品軸では、最高品質の製品やサービスという売り物を主とする。

「より良い独自の製品を使いたい。」

密着軸

密着軸では、顧客に密着して徹底的に顧客のニーズに応える。

「自分のことをよく知り、密着して欲しい。わがままを聞いて欲しい。」

薄毛40代パパ

私の場合は、価格重視の「手軽軸」。+ 副作用が気になるので「密着軸」を少々。

AGA治療(薬)クリニックの選び方のポイントと注意点

AGA治療を考える上で、「AGA クリニック 選び方」はとても重要で、適切なクリニックを選ぶことが、あなたの治療の成功と満足につながります。

それでは、上記3つの差別化に落とし込めるよう、クリニックの選ぶポイントと注意点について解説していきます。

①クリニックの企業規模と医療機関の確認(信頼性の確認)

クリニックの大きさや医療機関の内容を確認することで信頼が生まれます。治療費が安いというだけで選んだクリニックは、その治療や薬に対し半信半疑になってしまい、自分のモチベーションに影響することもあります。

クリニック(病院)の専門性の確認

どのような医療機関なのかを確認します。まず、AGAクリニックと言っても、いろいろな医療機関が運営しています。

中でもAGA専門クリニックがAGAに特化しており、AGAの診察や薬による効果、副作用などの症例を多数扱っているため、AGA治療において信頼できるものになっています

  • AGA専門クリニック
  • 美容
  • 美容系の皮膚科
  • 一般の皮膚科
  • その他

AGA治療の過去の症例数や実績数を確認

AGAクリニックを選ぶ際には、そのクリニックの実績がとても大切です。

実績数や経験が多ければ多いほど、AGA治療薬に対しての効果や副作用など、豊富な経験から的確なアドバイスをしてくれるので、安心して治療を続けられます

②診察の形態について(信頼性と利便性の確認)

スクロールできます
クリニック
区分
  対 面  
 診 察 
オンライン
診 察
内容/詳細
店舗型
クリニック
ありなし・一般的な店舗型のAGAクリニックは対面診察のみ
・処方薬はその場で受け取る
ありあり・初診やカウンセリングは対面診察を行うところが多い
・2回目以降はオンライン診察を選択可能
・オンライン診察時は処方薬は送付される
オンライン
クリニック
なしあり・一般的なオンラインクリニックはオンライン診察のみ
・処方薬は送付される
ありあり・基本的にオンライン診察である
・対面診察を希望することもできる
・処方薬は送付される

診察については、「対面診察」と「オンライン診察」があります。いずれもメリット・デメリットがあります。

「対面診察」のメリット・デメリット

メリットデメリット
医師との直接的なコミュニケーション
医師が直接患者の頭皮や髪の状態を観察することで適切な治療計画を立てることができる
患者の症状や健康状態や副作用の状況を詳細に把握し、信頼性の高い治療計画を立てられる
通院の手間や時間の制約がある
誰か知人に会う可能性がある

「オンライン診察」のメリット・デメリット

メリットデメリット
利便性の高さ
通院の手間や時間の制約を軽減できる
誰も会わずに治療が可能
診断や治療の信頼性に関する懸念がある
対面診察と比較すると診察や検査の制約がある

③月々かかる費用 1.「診察や検査」について(経済性の確認)

AGA治療薬の費用以外にも発生する費用は複数ありますので、項目を1つ1つ確認することが必要です。

カウンセリングと初診の診察費用について

カウンセリングと診察は別物です。混同しないように注意が必要です。

<カウンセリングとは>

「カウンセリング」の元々の意味は「相談」、「助言」のことです。AGAの診療においては、医師により薄毛の悩みを聞き、薄毛の専門家としての視点から指導や援助を行う治療を意味しています。

<診察とは>

患者の病気の有無や病状などを判断するために質問(問診)したり、身体を調べたりします。診察方法としては、目で見て(視診)、手で触れて(触診)、軽くたたいて(打診)、聴診器で聞いて(聴診)などがあります。

薄毛40代パパ

クリニックによっては、カウンセリングは無料だが、診察は有料。というケースがあるので注意しましょう。

写真撮影費用

治療による効果が得られているか、最適な治療ができているかを確認するため、定期的に髪の毛の状態の写真を撮影します。

薄毛40代パパ

診察の一環として無料になっているクリニックもあります。

血液検査費用

血液検査は、AGAのリスクや薬の効果を確認できます。肝臓や腎臓の数値を把握することで副作用リスクを緩和でき、より安全な治療を受けられます。

薄毛40代パパ

私は、この副作用の状態を重視しているので、この血液検査は大変重要なポイントです。

マイクロスコープ費用

診察時に写真のみでマイクロスコープを実施しているクリニックは多くありません。

マイクロスコープの利点として、早期にAGAの状態にあるかどうかを発見することができます。また、正常な部分の状態を目視できることで、目標を持って治療に取り組めます。

薄毛40代パパ

ちなみに上の写真は、マイクロスコープ(顕微鏡)で撮影した私の毛髪です。だいぶ細い毛が多数ありますね・・・

下の記事では、治療前の写真や体毛の状態も記録しています。治療の進捗を確認できるようにモニタリングしています。

遺伝子検査費用

遺伝子検査を導入しているクリニックは多くありません。

遺伝子検査の利点として、AGA治療薬の効きやすさを遺伝子で調べることができます。違うクリニックでAGA治療をしても効果がでなかった人は、「遺伝子検査」ができるクリニックを選ぶことで、AGA改善の糸口が見つかるかもしれません。

薄毛40代パパ

AGA遺伝子検査は病院だけでなく、市販の検査キットを使って自宅で簡単に検査できます。

④月々かかる費用 2.「処方薬」について(経済性の確認)

AGA治療のメインとなってくる費用が処方薬です。

AGA治療薬には経口薬の「抜け毛防止(守りの処方薬)」と「発毛促進(攻めの処方薬)」の2種類があります。その他、頭皮に塗る外用薬もありますが、ここでは、経口薬について解説します。

AGA治療薬について知りたい方はコチラをご覧ください。

「抜け毛防止(守りの処方薬)」は2種類

「抜け毛防止(守りの処方薬)」2種類は、フィナステリド デュタステリドです。

この2つの薬は、日本の承認薬になっているため、先発医薬品とジェネリック(後発医薬品)があります。まれにですが、海外の承認薬を使用してるクリニックや独自に開発した処方薬を使用するクリニックもありますので、確認が必要です。

処方薬価格相場
フィナステリド3,000円~12,000円/月
デュタステリド4,000円~15,000円/月
処方薬の確認ポイント
  • 薬名は何か?
  • 何mg が配合されているか?
  • 錠数は何個か?
  • 価格(1ヶ月とした場合)は?

「発毛促進(攻めの処方薬)」は1種類

「発毛促進(攻めの処方薬)」1種類は、ミノキシジル内服薬です。

ミノキシジルは外用薬として日本で承認されていますが、ミノキシジル内服薬としては承認されていません

処方薬価格相場
ミノキシジル内服薬4000円~15,000円/月
処方薬の確認ポイント
  • 薬名は何か?
  • 何mg が配合されているか?
  • 錠数は何個か?
  • 価格(1ヶ月とした場合)は?

➄アフターフォローの内容について(信頼性の確認)

AGAクリニック選びでは、医師による定期的なアフターフォローが大切です。

AGA治療は長期間にわたるため、効果や副作用の継続的な監視により、治療の進行状況を把握し治療計画を修正するなどの役割があります

アフターフォローの確認ポイント
  • AGA治療の効果や評価(写真による比較)
  • 副作用の確認(血液検査・視診)
  • 治療計画の見直し
薄毛40代パパ

副作用の状況をしっかりアフターフォローで確認してくれるクリニックを選びたいです。

副作用については、以下の記事で解説しています。

⑥支払い方法のについて(利便性の確認)

AGA治療は多少高い医療費を毎月支払いするため、支払い方法の確認は重要です。

クリニックにより支払い方法はさまざまです。以下は支払い方法の一例です。

主な支払い方法
  • 現金
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • コード決済
  • ポイント決済
  • メディカルクレジット(医療ローン)

⑦契約に必要な書類の確認

身分証明書(運転免許証、保険証・パスポート類など)の提示を求められます

支払いで「メディカルクレジット(医療ローン)」が使用できるクリニックであれば、金融機関の通帳やキャッシュカード通帳の登録印が必要になります。

AGA治療は、保険適用外のため、保険証を身分証明書として提示する以外では必要になりません。

⑧保証について

AGA治療薬は、ごく稀に過敏症や精神神経系、消化器などの副作用を引き起こすことがあります。

「返金保証」は、副作用で治療が続けられない場合や、効果が現れない場合などに適用するクリニックがあります。

保証の確認ポイント
  • 治療の全額保証はあるのか?
  • 保証が受けられる場合の適用判断はなんなのか?
  • 保証が受けられる場合の保証対象はなんなのか?
  • 保証が受けられる場合、どのように返金されるのか?

⑨薬の発送について

オンラインのクリニックでは、診察が終わった後に処方薬が配送されたり、定期的に配送されたりします。

しかし、家族にAGA治療をしていることを知られたくない人もいますので、配送状況や支店留め等の配慮がしてもらえるかの確認も重要です

薬の発送の確認ポイント
  • 配送業者はどこなのか?
  • 配達日や時間の指定はできるのか?
  • 梱包状況はAGA治療薬だとバレないようになっているのか?
  • 配達場所の指定はできるのか?
     ・配送業者の支店留めが可能か?
     ・最寄りのコンビニや郵便局に配送可能か?
     ・その他、駅や商業施設の宅配ロッカーの使用は?

まとめ|AGAクリニック選定基準は自分なりに重要ポイントを決める

AGA治療におけるAGAクリニックの選び方について解説してきました。まずは、自分が何を重視してクリニックを選ぶのか基準を持つことが大切です。

手軽軸:利便性や価格を重視するのか

商品軸:他にはない特別な検査があることを重視するのか

密着軸:治療費は高くなるが医師の手厚いフォローを重視するのか

薄毛40代パパ

私の場合、手軽軸が7割と密着軸が3割の治療を受けることにしています。

月々の価格を抑え、副作用の確認を定期的にし、安全に治療を継続したいためです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次